2021.1.8 【活動報告】手裏剣打大会の世界への連携を支援しています。

当社は、忍者コンテンツ事業の一貫として、手裏剣打大会の世界への連携を支援しております。

昨年12月に「四季の森忍術道場 手裏剣打大会2020」が、万全のコロナ対策を施し、開催されました。当社は大会の趣旨である「先が見えない不安な今こそ、手裏剣打ちを通じて心を磨き、人との絆、未来への生きる力とつながる気持ちを大切にしたい」に賛同し、協賛をいたしました。

また、手裏剣打の国際大会への第一歩を踏み出すべく、スイスの忍術道場での初の大会の同日開催を支援いたしました。

日本発で、老若男女が楽しめる手裏剣打を競技としてだけではなく、「自分の心と向き合う」日本発信の精神修行としても世界に広まるポテンシャルがあると考えています。

日本とスイスの大会の様子はこちらです。➡ 大会の記録動画

2021.1.1 【年頭所感】今年の生き方

今年も「忍」の年になると思います。忍者が生きたような乱世とも言えましょう。

当社が目指す所は、「楽しませたい心」と「楽しみたい心」との最高のマッチメーカーでありたい! ですが、「楽しみたい心」を今は多くの方が我慢されています。そして「楽しませたい心」も悩みながら、でもその心意気は絶やさないように耐えていると思います。そんな中、今年のご挨拶には、忍者が自らを戒めた言葉として「恐れない、侮らない、考え過ぎない」を載せました。

どんな環境でも柔軟に対応し、生き延びて還る事がミッションだった忍者のように、今年も出会いとご縁を大切にしつつ、共に強く生きて参りたく、よろしくお願いいたします。

今年の年末年始の挨拶状です。

エルダー・田中&アソシエイツ株式会社 代表取締役 田中宏明

2020.9.22【活動報告】モリコロパークの大道芸フェスティバルを支援しています。

当社では、4年前から、名古屋郊外のモリコロパークで毎年春に開催される「モリコロパーク大道芸フェスティバル」(モリ芸)を支援しております。特に応援しているのは、(オモロイ芸人による、3分芸の勝ち抜き戦)「タイマン大道芸バトル」で、スピーディーで奇想天外な大道芸バトルとして将来性を感じています。今年は万全のコロナ対策を施して、秋に行われました。当社からは協賛スポンサーとしても各賞を提供し、会場を盛り上げました。

当社のネーミングライツポイントにて、ASUKAさんと

 

表彰式:「エルダー・田中&アソシエイツ賞」をジョー次さんに贈呈

業界の雄、サンキュー手塚さんと

 

 

パントマイムの ゼロコさんのお二人と

2020.6.11【お知らせ】新潮流のテーマパーク SMALL WORLDS TOKYO がオープンしました。

代表取締役の田中宏明が、「世界のテーマパークの潮流」のセミナー(2019年、於ビッグサイト)でも取り上げておりました、世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク SMALL WORLDS TOKYO が6月11日に、お台場の有明にオープンしました。「徹底した独自のコロナ対策」を施した上で、今までに無かったWOWを提供開始です。

当社はこの斬新な経営モデルのテーマパークに注目し、スポンサープログラムの構築やスポンサー開拓の支援をして参りました。そこに見られるのは「動く、精巧なミニチュアの世界への没入感」「パークに自分のミニチュアが住む楽しみを味わえる<住民権>の販売」「エヴァンゲリオンやセーラームーンといった、認知度の高いコンテンツの活用」などの独自性であり、これらを日本のミニチュア作家の優れた技術と情熱が支えているので、今後の発展を期待したいと思います。

SMALL WORLDS TOKYO 公式WEBサイト https://www.smallworlds.jp/

 

 

 

2020.1.15【年頭所感】「楽しませたい心」と「楽しみたい心」との、最高のマッチメーカーでありたい

この業界にいると、オリンピック、IR、万博という流れにどう乗るかという気合いの強い方と出会います。正直、私もかなりそうでした。日本という熟成した特殊な国で、集客の大きな機会が続くのですから。そこで何かして一旗揚げたいと。。。

しかし、その後、世界のテーマパークや多様な集客施設の動向に注目し、また、日本ならではの潜在力のあるコンテンツの深さを学ぶうちに、一過性のプロダクトアウト的な営みではなく、本当に世界の人々の「楽しみたい心」を満たして「笑顔の栄養」をいただくために、「楽しませたい心」の思いをきちんと伝えることが、まずは大切だと考えるに至りました。

例えば、忍者でも、桜でも、その楽しさや美しさと共に、背景にある史実や逸話も含めて、判り易く、楽しく、没入感のあるテーマとして伝えることで、また、それらを肌で、五感で感じられる場を提供することで、人間に与えられた「知る」喜び、「体験する」楽しみを、もっと上手く世界に伝えられないかと考えています。

その実現により、より多くの方に、世界の広さ、文化の多様性、そして、平和であることの有難さを実感していただければ、今また混沌とする世界の、悲願である「世界平和」に一歩でも近づけると信じて、今年も出会いとご縁を大切に前進したいと思います。

「楽しませたい心」と「楽しみたい心」との最高のマッチメーカーでありたい!

エルダー・田中&アソシエイツ株式会社 代表取締役 田中宏明

(写真は新年最初の出会い:「あっぱれ!吉沢屋」のお二人と)

2019.12.6 【活動報告】ビッグサイトで「世界のテーマパークの潮流と忍者コンテンツの活用状況」について講演しました。

代表取締役の田中宏明が、お台場ビッグサイトで開催された「テーマパークEXPO」のセミナーに登壇し、「世界のテーマパークの潮流と忍者コンテンツの活用状況」について講演いたしました。

お蔭様にて会場は満席となり、熱気あふれる中、今回は90分をかけて、米国、中東、欧州、中国、日本の最新パーク事例と、忍者のポテンシャル、内外の忍者施設、「本当の」忍者、今後の忍者コンテンツの可能性について聴いていただきました。師走のご多忙中にご来場いただき、ありがとうございました。

2019.11.19 【お知らせ】再度ビッグサイトのセミナーに登壇し、「世界のテーマパークの潮流と、忍者コンテンツの活用状況」についてお話します。

代表取締役の田中宏明が、12月6日(金)12:30より、お台場ビッグサイト(今回は青梅展示場)で開催される「テーマパークEXPO」のセミナーで、①米国、中東、欧州、中国のテーマパークの最新事情と、➁内外のパークでの忍者コンテンツの活用状況について、お話いたします。(今回は90分ですので、前回残した内容も盛り込み、面白く話す予定です。)


入場、聴講とも無料ですので、是非、以下のリンクからお申し込みの上、お立ち寄りください。

セミナー内容詳細とお申し込みはこちらから

 

2019.10.26 【メディア掲載】(日経電子版)ツーリズムEXPOジャパンの「忍者大合同ブース」での活動の様子が掲載されました。

当社の事業領域の一つに「忍者コンテンツの事業化支援(特にグローバル向け)」があります。その強化のために、日本の忍者関係者(協議会、自治体、事業者)が一同に会した、(ツーリズムEXPOジャパンの)「忍者大合同ブース」に4日間詰めて、関係者や、MICE,インバウンド系の事業者と交流を深めました。その時の様子が以下の写真と共に、日系電子版に掲載されました。(右の忍者姿が代表取締役の田中です。)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51389850V21C19A0000000/

(スクロールして3枚目の写真に関する記事です。)

日本忍者協議会のブースで説明を聞く外国人

2019.10.01 【活動報告】ビッグサイトで「世界のテーマパーク・集客施設の開発動向」を講演しました。

代表取締役の田中宏明が、お台場ビッグサイトで開催中の「レジャー&サービス産業展」のセミナーに登壇し、「世界のテーマパーク・集客施設の開発動向」について講演いたしました。

業界関係者やセミプロの方中心に100人以上もお集まりいただき、普段なかなか情報が得られない、米国、中東、欧州、中国のパークや集客施設動向を、興味深く聴いていただきました。ご来場いただき、ありがとうございました。

2019.9.25 【活動報告】クライアント企業にて、営業支援の連続セミナーを実施しました。

代表取締役の田中宏明より、国内外のテーマパークの潮流、展望、また新規投資の決定要因について、VR系コンテンツと関連施設を手がける「業界」大手の会社にて、4回に渡りお話させていただきました。

2次元と3次元の融合と進化が、新たな感動と笑顔を産む事を実感しました。